『願い。』

 久しぶりの作文…。
何と1カ月ぶりだった…。
これは完全にリハビリが必要だ…。

今回はずっと書きたい書きたいと言っていたplan9のその後?というか、兄さんに言ってほしい台詞…をメインに書いてみました〜。
その辺踏まえて大丈夫な方だけお進みください〜。

※閲覧は自己責任でお願いします。
大丈夫な方は続きをどうぞ〜。

『願い。』


先輩の口から、とんでもない言葉が飛び出した。

ずっと。

ずっと欲しかった言葉。

だけど、先輩に触れてもいい?

抱きしめてもいい?

キス、してもいい?

それ以上も…?



あれから、実験も早々に切り上げてお互い何故か無言でアパートへの帰路へ着いた。

これからも側にいていい。

それだけで、すごく幸せなのに。

側にいれば、触れたくなってしまう。

だけどまた勘違いしてしまうことも、それで先輩を怒らせてしまうことも、すごく…恐い。

「先輩、コーヒーでも淹れましょうか?」

「おう。頼む。」

ソファに腰掛けて、本を開く先輩。

たった数日前までは当たり前だった日常。

だけど離れていた期間が物凄く長い期間に感じられて、先輩がこの空間に居ることが本当に嬉しい。

「お待たせしました。」

「おう。」

でももう先輩はいつも通りで、こんなに浮かれてるのは、やっぱり俺だけなのかな?

「…っ///!何だよっ!あんま見んなっ…////!!」

「え…?」

「どんな顔すりゃいいか解らんっ///!」

「っ…!先輩…っ!」

思わず、先輩を引き寄せ、抱きしめる。

平気じゃないのは、先輩も一緒なの…?

いつから…?

ずっと…緊張していたの?

キス…したい。

衝動に駆られ、唇に手を伸ばしなぞるようにそっと滑らせる。

でも…また先輩を怒らせてしまう…?

急に頭の中が冷えたような感覚に陥り、咄嗟に手を離した。

「っ…、すみません。コーヒー冷めちゃいますね。」

「………。」

「あ、もう飲んじゃいました?おかわりは…」

「森永。」

「っ、はい。」

「…そんな顔すんな。」

「え?」

「無理…すんな。」

「……。」

「嫌な時は…嫌だっていう…から…っ////。」

あぁ、先輩が精いっぱい俺を気遣ってくれている。

「先輩っ…。」

まるで、引き金を引かれたようだ。

そんなこと言われて、我慢出来るわけがなかった。

ソファに押し倒し、荒々しく唇を奪った。

「ちょっ…いきなり…っ…ふ、…ぅっ…。」

「先輩…大好きです…。」

合わせた唇から伝わる熱に、より一層煽られる。

好きで好きで。

大好きで。

この人が、ようやく俺のものになったんだと。

そう思ってもいいんだと、思える瞬間だった。




気付けば、リビングのソファで抱き合ったまま、どれくらい経ったのだろうか。

「も…、しつこ…っ。」

「だって、先輩と想いが通じ合ったんだから、もっともっと感じてほしくて…。」

「ばか…やろ…っ…。」

「先輩、ここもいいですか?」

「あぁっ!…うぅっ…ん…。」

「また一つ、先輩のいいところ見つけちゃったな。」

抱き合う度に、先輩を知っていく。

先輩も知らない先輩を。

そしてこれからも、そんな先輩を知ることが出来る。

それは、これ以上ない幸福なことだ…。

「もう、いいから…っ、はや…く…しろっ…////!!」

「っ////!!?…先輩、今日は俺もう嬉しくてどうにかなってしまいそうです…っ。」

あぁ、もう夢かな。

先輩から、こんな言葉を聞けるなんて。

「お前がおかしいのなんて…っ、今に、始まったことじゃないだろ…///!」

「…それもそうですね。」

また、涙が出そうになったのは、俺だけの秘密。

「先輩、もう黙って。動きますよ…?」







お互いの身体を離したのは、もう0時を回るころだった。

「あぁ〜、日付が変わる…。」

「何だよ、何かあったのかよ?」

「だって、先輩と恋人になった記念日じゃないですか♪」

「はぁぁあああ!?」

「え…?違うんですか…?」

結局、俺はまた勘違いしていたということだろうか…?

「恋人、じゃない…」

やっぱり…。

自分の都合の良い脳みそにはほとほと呆れ…

「…パートナーだろっ////!!」

「えっ…!?」

「もう寝る…っ////!!!!おやすみっ!!!!」

「あ、…お、おやすみなさい…。」

あぁ、もう今日は眠れる気がしない。



END.




以下言い訳などなど。
一番書きたかった…いや言ってほしかったのはね。
最後のパートナーのところでした。
いやこれ多分みんな思ったよね…?
あと数回…いやもしくは番外編の中で、ホントに聞けたら幸せだな〜と思います(´∀`*)
でもぶっちゃけ最後が書きたかっただけなので、その前のくだりは完全に今咄嗟に思いついただけのものです。
なので、plan9のあとこんなんなってほしい〜というわけではないです(笑)
まぁ、こんなんもありか?みたいな…。
いつも通りな感じでした(笑)
うん、ちょっと久々で何書いてるか解らなくなってきたw
明日はついにGUSH…ひぃー!
楽しみだけどこわい…!

今読み返してみたらいつも以上に酷い駄文…でもこのままアップするw
やっぱりリハビリが必要だなこれは…。

お付き合い頂いた方ありがとうございました〜。


web拍手 by FC2

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック