7章plan10 感想。

結局今回は7日には届きませんでした、GUSH…。
密林の発売日に届いたり届かなかったりするのはどうにかならないのか…。

ということでまたも書店購入してしまったよ(笑)
今回もたった今2回ほど読んだだけなので台詞などはニュアンスでお願いします。
もちろんがっつりネタばれなのでご注意ください〜。

 
もうさ…

兄さんがデレまくっている…!!!!

なんかもう心臓が持ちません…
どうしたらいいですか… 

あ、とりあえず順を追っていこうかな…

まず、前回の直後からの続き。
おお!
別のシーンからもありえるかなとか思ってたので直後からなのは素直に嬉しい(´∀`*)

そして嬉しくて嬉しくてちゅうしようとする森永くん。
あ、やっぱりそこはちゅうするんだ?w
でもここは学校だろと兄さんに拒まれてしまう森永くん…
と思ったら兄さんが倒れた…!((((;゚;Д;゚;))))

兄さん…それほど辛かったんだね…あぁ…胸が痛いです・゜・(PД`q。)・゜・
でもそれを改めて感じる森永くんがなんかね…すごく好きだなって思った。<え?
なんか7章始まってからの森永くんって色々ぐるぐる考えてしまって、結果兄さんも自分自身も傷つけてしまったと思うんだけど(それも兄さんのことを思ってのことなのだけど)兄さんにいてほしいって言われたことで、自分の『先輩を大切にしたい』っていう一番根本の気持ちを改めて自分でも感じたのかなー、なんて。
そしてわたしはそんな森永くんがすごく好きだな〜と思うのです。

で、ここからは普段の日常が垣間見えてによによ。
ハムエッグとスクランブルエッグのくだりとか…何これころす気…!(*´Д`*)
でも兄さんはタオル持ってくる森永くんにビクってなったり溶剤渡す手がちょっと触れただけでビクってなったりお風呂上がりにとなりに座ってみたり…!!!!!
多分タオルと溶剤は意識しまくって、でもそれは警戒ではなく森永くんに迫られるのを想定してるっていうか、それをありだと思ってるっていうか、それって心の準備してるってことっていうか…!!!!!!!!
だけど森永くんは兄さんを気遣って何もしない…そんな森永くんに疑問と怒り(?)と触れてほしいっていう欲求からお風呂上がりにソファの隣に座ってみたりしたんだよね…!!!!!??
兄さんからのお誘いってことだよね…!!!!!!!興奮(´Д`;)/ヽァ/ヽァ
もう…萌 え 殺 す 気 か ! ! !<壊れてる。

そんな兄さんがついに口走ったよ…!
「だったらどうして…何も…ッ」
何もって…なーにー…!!!!!!!!!!!!(; ゚ ロ゚)ナン!( ; ロ゚)゚ デス!!( ; ロ)゚ ゚トー!!
そして森永くんに感づかれて逃げようとする兄さん。
森永くんに腕を掴まれ倒れ込み森永くんに馬乗りになる形に。
そして森永くんが言うんだよ…!!!!

センパイは今…どうしたい…?

ってぇーーーーーーーーー!!!!!!!!!
ヤバイ!!!
前回に続き森永くんがカッコ良過ぎるくだり…!
どうしたらいいですか…!!!!!!!
だからこれって兄さんにはこんなにカッコよく見えてるってことなんだよね…!!!!???
はぁ…。
心臓が痛い…
そして最後に森永くんからの爆弾投下…
「センパイの…したいように――――」


………………。

もうわたしにどうしろと言うの…。

センパイのしたいように…つまり、全ては兄さん次第…!!!!!(*´Д`*)
え…でも次回兄さん主導のえちだとして(←もう決めてる)そんな一回分で…
収まるんですかぁ????(爆)

いや、すみません。
取り乱しました。
次回…泣いても笑っても、最終回。
すっごく寂しい。
その気持ちに変わりはありませんが。
見届けられることを、幸せに思って最終回にのぞみたいと思います…!(。´Д⊂)

とりあえず思いつくままに書いたので、また書きたいことあれば追記したり別記事にしていきたいと思います。
お付き合い頂いた方、ありがとうございました〜。


web拍手 by FC2



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック